キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 太陽光発電池産業について : 太陽光発電東芝情報館

太陽光発電池産業について

SITE MENU

太陽光発電東芝情報館

太陽光発電東芝情報館メイン画像

太陽光発電などに使われる、太陽電池産業は未来をつくる有望産業です。様々な会社が太陽電池の開発に取り組んでいます。

太陽光発電池産業について

太陽電池産業は、偽環境貢献でも、非収益事業でも、数十年にわたって国家財政を補助金で圧迫する類のものではありません。

それどころか、本格的な自律的発展が遠くない未来に迫ってきている有望産業であると言えるでしょう。

太陽光発電システムの大きな強みは、一度設置すれば数年おきに点検をする以外、後は操作やメンテナンスの必要もなく、自動的運転で働いてくれるところでしょう。

事業で成功するための鍵が、製造技術力より、経営判断のスピードや投資規模であるという認識がされていたという点があります。

太陽電池について、まず、プロセスノウハウの装置への移転は、半導体や液晶製造装置以上に進んでいます。

東芝は久しく、半導体製造技術では世界中が注目する水準にありましたが、経営戦略と噛み合わず、世界シェアを失い、収益性も悪化していたため、技術力が水際立って高いことはあまり知られていません。

東芝は自社が開発したNAND型フラッシュメモリという、高成長かつ、高度技術が要求され、また参入障壁が高いデバイスに集中的に開発資源を投入することで、技術力を売り上げや利益、シェアの向上に有効活用してきました。