キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 太陽光発電を設置する流れ : 太陽光発電東芝情報館

太陽光発電を設置する流れ

SITE MENU

太陽光発電東芝情報館

太陽光発電東芝情報館メイン画像

海外でも太陽光発電システムを組み込む動きが始まっています。これから増々シェアを拡大していくと思われます。

太陽光発電を設置する流れ

また世界でもさまざまな形で太陽光発電を取り入れる流れが増えてきています。

例えば、2008年には、アメリカで初となるソーラー・ハイウェイなるものが、オレゴン州にできました。

これは、オレゴン州にある州間幹線道路のインターチェンジに、合計出力が10kwとなる太陽子発電システムの建物を設置することをいいます。

合計出力でいうと、日本では標準的な住宅用太陽光発電システムなどのうち、約25件分となっています。

これによって、オレゴン州の交通システムの1年間の電力消費量のうち、約4.5%は太陽光発電によって発電することにしようとしているということになります。

この流れは、オレゴン州の様々なところに影響を与え、その結果いろいろな公的機関が、太陽光発電による電力を利用することに注目を向け始めました。

このままいけば、オレゴン州はアメリカにおける太陽光発電のパイオニア的存在になれる可能性を秘めています。

またその他アメリカ国内で起きたこととして、太陽光発電システムのアメリカの企業、シルバラード・パワーと再生可能エネルギーを手掛けるポルトガルの会社・マルティフェル・ソーラーは、アメリカの電力会社であるサザン・カリフォルニア・エディソンと20年に及ぶ電力売買契約を結んだことも発表されました。

これにより、太陽光発電のシステムはさらに広がることになることも予想されます。

このように、世界においても太陽光発電はさらに発展していくと予想されるので、日本のメーカーも太陽光発電にますます力を入れていく必要があるようになるでしょう。